引越しでピアノを運ぶ場合はオプション料金が発生します

一括して行う

ピアノを長年使用する為にも、ピアノのメンテナンスを行うときには掃除から調律まで一括して行えるプランを利用すると良いでしょう。引越しの際にはピアノを専門としている業者に頼むと丁寧に作業してもらえます。

ネットを利用する

車の購入方法は実店舗に足を運ぶのが基本となっていますが、今ではネットを利用して簡単に購入することができます。車は主に陸送で運ばれますが、輸送費は多くの車を運ぶ程一台あたりの価格も割安になります。

コストがかかる

バイク輸送を行うときには配送料金も考慮しておく必要があります。昔に比べるとバイクでの陸送方法も増えてきており、よりスピーディーに輸送をすることができるようになっています。

ピアノを移動する

近距離でダンボール20箱までであれば、格安で軽貨物運送を行えます。急に荷物を運ばなくてはいけなくなった時などに利用しましょう。

長距離のピアノの運送も専門の業者に頼めば楽チン!傷がつかないように安全な方法で運んでくれるので安心です。

ピアノを運んでもらうにはオプション料金

引越しのときにピアノのあるご家庭は、通常の荷物と一緒に運ぶことができず特殊な運搬方法と運ぶための技術が必要となるために別料金となります。中小規模や個人の引っ越し業者では対応できないこともあるため、専門業者に依頼するか大手の引っ越し業者に対応してもらうかになります。そのためオプション料金となりますので、通常の引越し料金に追加で料金が加算されます。また、運ぶピアノの種類によっても料金が変わってきます。電子ピアノの場合は通常の荷物として運ぶことができます。音を録音してありますので、他のアップライトやグランドと比べると振動や湿度、温度で音色が変わってしまうことがないです。グランドが一番料金が高くなります。

運搬をするおおまかな流れ

ピアノ引っ越しの大まかな流れですが、まずはテープなどでピアノの蓋と鍵盤の蓋が開かないようにしっかり固定します。そして、運搬中に壁などにぶつかってキズがつかないように専用のカバーをかけます。ピアノだけでなく、外に搬出するときに旧居の壁にキズをつけないように養生をします。そして搬出します。新居につきましたら、新居のピアノを運ぶルートの壁に養生をします。搬入が完了しましたら、調律をして音色を整えて完了となります。以上のようにピアノの引っ越しは、非常に重くデリケートなためちょっとしたことで音色が変わってしまうので、通常の荷物の運びとは違う特殊な運び方をします。そのため、オプション料金として別途かかるのです。

コツを知っておく

引越しをするときには、より良い引越しを行う為にもコツを理解しておく必要があります。引越し費用を抑えるためにも幾つかの業者に見積もり依頼をしてもらうのが良いでしょう。最近ではネットで一括見積もりを依頼することができます。

ネットを活用する

引越しは昔から様々なサービスで行なわれてきましたが、インターネットの普及にともなって、見積もりや引越し日の取り決めも簡単に行うことができるようになっており、引越し予定日の大まかな価格を知ることができます。