引越しでピアノを運ぶ場合はオプション料金が発生します

ネットを利用する

車の陸送はインターネットで申し込み

車の購入といえば、ディーラーなどの専門店や中古車販売店に足を運び実車を確認の上で行うのがこれまでの常識でしたが、昨今はインターネットの普及を受け、実車の確認をせずに個々人で売買を行うケースも増加しています。 このような方法は、信頼性が販売店を通す場合よりも低下するものの、コンディションの良い車両を市場価格よりも大幅に安価で購入できることも多く、普及しつつあるのです。 さて、こうした売買を行った場合、陸送がしばしば問題となります。遠方から出品されている場合、購入者が陸送を手配する必要があるのです。これまで陸送の手配は、専門的で煩わしいものと認識がありましたが、個人の利用が増加するに伴って陸送は、ウェブ上でも申し込めるなど利便性が向上しています。昨今は申し込みも簡単なウェブでの利用申し込みがおすすめとなっているのです。

自動車の陸送について

自動車の陸送は、新車中古車問わず、一般的に自動車積載車によっておこなわれます。自動車積載車は 一台から八台まで積めるものがあり、多くの自動車を一度に運ぶほど、そのコストが押さえられます。 一般的には輸送距離において、人件費や燃料代、高速代などの輸送コストが計算され、1台あたりの陸送費用が決まります。また、工事現場で使う重機のような特殊車両においては、複数台同時に陸送できないため、一般的な普通乗用車の陸送に比べ、その1台当たりの費用は非常に割高となります。 コストが上がりすぎると、利用者が減るために、陸送業者はコスト削減のために、高燃費運転を心がけたり、渋滞の少ない深夜に輸送して、コスト削減をおこなっています。