引越しでピアノを運ぶ場合はオプション料金が発生します

ネットを活用する

引越し見積もりの歴史と現在

引越しは、今でこそ専門業者や手厚いサービスが存在しますが、昭和50年代まではこのようなサービスは存在しませんでした。当時は、運送業者が業務の一部として引越しを扱っていたにすぎず、今のような手厚いサービスもなく、ほんとうに荷物を運ぶだけというシンプルなものでした。 現在では、大手から中小まで、さまざまなタイプの引越し業者が存在し、サービス内容も業者によって様々、荷物が紛失・損壊したときには保障もついています。引越しでは見積もりをとって複数の業者と比較することが当然のように行なわれています。 さらに、インターネットが普及した現在では、引越し一括見積もりサービスが主流になっています。1回の申し込みで複数の業者から見積もりを取ることができるので、手間がかからず、たくさんの業者から自分に合った引越し業者を選ぶことができます。そのうえ、お目当ての業者に最も安い見積もりを見せて交渉することで、価格が下がることもあります。

インターネットの引越し見積もり

インターネットを利用することによって簡単に引越し見積もりを出してもらうことが出来ます。 引越の見積もりの方法は、部屋の広さや荷物のおおよその量、そして引越しにかかる距離を入力し、引っ越し予定日を記入するだけで大体の見積料金を出してもらうことが出来ます。 その後、引越し業者から連絡があり、実際に部屋の広さや荷物の量などを調べて細かい見積もりを出してもらうことが出来ます。ネットだけでもおおよその見積もり料金を出してもらうことができるのでおおまかな料金を把握することに役に立ちます。引越し日時によって料金が大きく異なってきます。繁忙期の三月から4月にかけては料金が高額になり、その前月の2月がギリギリ安く抑えられます。